きなこの家で楽しい生活

特技は家でのんびりすること

コートジボワール 思い出 エピソード9

こんにちは。

 

 

 

エピソード8はこちら↓

 

chezkinako.hatenablog.com

 

 

 

ついに帰る日がやってきました。

中東チームのほうが早く出発して、ヨーロッパチーム(私たち)は夕方くらいだったかな、素敵なホテルを出ました。

ヨーロッパチームのほとんど全員がパリ行きのエアフランスを利用していたのですが、一人だけベルギーの航空会社の人がいました。行先は同じパリなのですが、少しだけエアフランスより早い出発時間でした。

それに乗る予定だったのはパリに住んでいるエジプト人女性です。

彼女は一人でこの旅行に参加していて、夫とかわいい子供たちをパリに置いて来たのよってホテルの白いテラスで写真を見せてくれました。息子君も娘ちゃんもとってもかわいくて一緒に来てたら遊びたかったなー。3歳なんて最高にかわいいですよね。

 

 

 

でも彼女はこの後飛行機に乗れず、パリにいる家族にも長いこと会えなくなってしまいます。なぜならフランスのビザが切れたままフランスを出国してしまったから。

 

 

 

空港に入るときに全員一列に並んで警官と空港の警備員がいる入口を通りました。Lちゃんの祖父母は私たちに警官にお金があるか聞かれてもないって答えなさいとアドバイスしました。

幸い私たちは何も聞かれなかったのでそのままカウンターに行けました。

カウンターでは荷物を預けてパスポートを見せたら夫のと合わせてどこかに持って行ってしまったので、あせりました(;'∀')

その方は別のカウンターに行ったのでこっちに帰ってくるまでじーーーーっと見ていました。なくされると困りますもんね。

無事チェックインができたので上の階に行きましょう、というときに一緒の便に乗るはずのフランスチームががやがやしていました。

何を話しているのかよくわからなかったのですがそのエジプト人女性を助けようとしていたようです。ビザがどうのって言っていたのでコートジボワールに入るためのビザが切れていたと私は理解したのですが、フランスのビザが切れていて飛行機に乗れなかったようです。

 

 

 

ビザがない人を連れて行ったらダメなルールが航空会社か空港にあるのでしょうね、きっと。そりゃそうか。

ちなみに私は夫と一緒にドバイのコートジボワールの大使館(領事館)でコートジボワール滞在のビザをもらいました。

無料だったと記憶しています。

ビザ延長の紙をもらっていたようなのですが忘れて出国してしまったみたいです。

この辺りはドイツに帰ってから聞きました。

 

 

 

この女性は滞在中から災難に見舞われていたんですよね。

私たちが観光に行った日、彼女たちは海に行ったらしくそこで溺れたそうです。

海を散歩していた現地の人が気が付いて助けてくれたのですが、100ユーロ請求されたと言っていました。

その話は子供の写真を見せてくれた時に話していました。

とにかく助かってよかった。

 

 

 

コートジボワールを別の日に何とか出国して、トルコの友人の家に行ったところまでは聞いたのですがそのあとどうなったかは知りません。

 

 

 

彼女のことでもう一つ印象に残っていることは、私がフランス人女子たちと同じテーブルを囲んでいた時の発言です。

そのときフランス語で話していたんです。私は聞いていただけ。

そこにエジプト人の彼女が来て、みんなに英語で話して!って要求しました。

そして私に『フランス人は言わないとずっとフランス語で話すから英語で話すように言いなさい』と。

ちゃんと会話に入ってコミュニケーションを取るつもりがある人の言葉だなと思いました。

 

 

 

私は全部わからなくてもいいって思っています。あとはフランス語なまりの英語ならフランス語を聞きたい

もちろん内容によってはちゃんと把握しないといけない時もあるのでそういう場合は除きますが、べらべらただしゃべっている時なんかは大したことを話してないのがわかるのでまったく気にならない。

でもちゃんとその場にいる人全員がわかることも大切にしているエジプト人の彼女も正しいなと思います。

 

 

 

続く

コートジボワール 思い出 エピソード8

こんにちは。

 

 

 

エピソード7はこちら↓

 

chezkinako.hatenablog.com

 

 

 

ミュージアムの後は市場に行きました。

市場はかなり広かったです。店と店の間のすごく狭い道はものすごぉく凸凹で下を見ていないと転びそうなところもいくつかありました。

もちろん凸凹していない個所もありましたよ。

気温30度で日本のような湿度なのに生魚がたくさん並べられていて、ハエもたくさん。

氷はありません。

においもきついのですが、私はけっこうそういうところは平気です。

ビデオを撮ったときに、チラッと夫も入ってしまっていて、とってもいやそうな顔をしていました(^_^)

 

 

 

Fちゃんがニコンのカメラでいろいろ写真を撮っていたら、近くに座っていたおばさまに怒鳴られました。写真撮るんじゃなーい!って。

あらら。

市場から車に戻る際に卵屋さんがありました。

売り場の女性4人くらいがFちゃんに私も撮ってーってリクエストしてきたので写真を撮っていたら、子供連れのおじさんが近くにいた夫に『なんだ、ジャーナリストか!?写真撮っていいと思ってるのか!』ってお怒りでした。

リクエストされたから撮ってるんですよって言ってもぷんぷんでしたよ。

 

 

 

いい時間になったので帰ることにしました。

町を出る道は一つだけです。

町に入ってくる道とは別ですが入るときも出るときも一つしかないようです。

また警察に止められました。

こんども同じ理由でお金を払うように警官に言われたのですが、さっき払ったので払った旨を説明したら警官にぶち切れられました。

高圧的に大声で『それは問題じゃないんだ!』って。怒鳴ってる…

だから払った証拠をもらっておけばよかったのに(あるならね)。

でも夫が言うようにもらったところで意味がないのかもしれませんね。

 

 

 

この警官はずっとぎゃーぎゃーいう人でした。

私はまた後部座席から出なかったのですが、ほかの警官が私の座っている側に来ました。

(p*・ω・)p

こういうポーズでにっこりしてきました。

がんば!って表現しているように私は受け取りました。

がんば!(p*・ω・)p ってするなら助けてよ!

 

 

 

 ま、とにかくもう一度お金を払ってホテルに戻りました。

ホテルに着いて夫はドライバー君にちょっと待っててと言ってホテルのオーナーと話し、ドライバー君に渡す金額は最初にオーナーに言われた金額よりもずっと少ない金額でよいと言われたようでそのようにしました。

警官に払った金額(合計40ユーロくらい)はほぼドライバー君に払う金額だったんですよね。

仕事をしたドライバー君にお金が入らず警官にお金が行くって、理不尽だなと思いました。もし本当にあのお金が警官のポケットに入っているんだとしたら。

ドライバー君を手配したのはホテル側だからちゃんとお客さんを乗せていい保険を持っている人を手配するべきでしたよね。

そういうのを持っていても警官は別の理由で払わせていた可能性があるのでしょうか。

40ユーロくらいっていう金額かもしれないけど、ドライバー君にここで最初の話通り40ユーロ払ったところで何か変わるのかな、とかいろいろ考えてしまいますね。

 

 

 

2010年コートジボワール平均年収593ドル

一年間で6万円くらいだから一か月5千円

 

 

5千円は40ユーロくらいですね。(1ユーロ130円で計算)

警察の件がなければドライバー君は数時間で一か月分のお金を稼げたはずなのか…

 

 

年収って税金引かれる前でしたよね?そうしたら手取りは6万円よりももっと少ない可能性がありますね。

 

 

旅行したのは2016年なのでもう少し数字は変わっているかもしれませんが、桁が変わっている可能性はないだろうと思っています。

間違いがあれば指摘してください。

 

 

 

続く

ミッドナイトラーメン

こんにちは。

 

 

 

ミッドナイトラーメンです。

 

f:id:chezkinako:20210728092004j:plain

 

これは博多の人と横浜の人に怒られるやつかもしれません…

家系ラーメンっぽいの食べたいなぁと思って、マルタイ棒ラーメンの豚骨醤油ラーメンで作りました。

夜中に食べてるのですが(だからミッドナイトラーメンなんですけど)、けっこう重かった。

 

 

 

豚の角煮みたいなものは好きで時々作るんですよね。

冷蔵庫から出した角煮と、冷蔵庫から出したゆで卵と、冷凍庫から出したほうれん草を入れたのでラーメンの温度が下がりました。

当然ですね(;'∀')

面倒くさくて温めなかった。写真では見えませんが、ニンニクをすりおろすのは面倒がらずにしたのでニンニクぷんぷんで寝ましたよ♡

 

 

 

それではまた。

地下階の洗面所

こんにちは。

 

 

 

ご訪問頂きありがとうございます。

地下階の寝室には洗面所を作りました。

(これは全ての部屋をざっと紹介する企画の地下階の洗面所編です)

 

 

 

洗面台、トイレ、ハイツング(暖房機器)、洗濯機があります。

 

 

f:id:chezkinako:20210823022602j:plain

↑トイレ側

 

 

 

f:id:chezkinako:20210823023043j:plain

↑洗濯機側

 

 

 

トイレと洗面台は地上階と全く同じものです。

私はピンタレストに写真を公開しているのですが、このせまい場所の写真をどうやったらかわいく撮れるか考え中です。chez kinakoでやってます

 

 

 

この場所も詳しくは別の記事でそのうち書きます♪

それでは。

この夏買ってよかったもの2021

こんにちは。

 

 

 

2021年夏に買ってよかったなと思うもの3つを記事にします♪

 

 

 

まずは日焼け止め。

 

f:id:chezkinako:20210809034921j:plain

資生堂 クリア サンケア スティック

 

 

 

2020年の夏にも買ってとてもよかったので再び購入いたしました。

手が汚れないし、出先でも簡単に塗布できて便利です。

日焼け止めの効果も動画で検証されているのを見ました♪

 

 

 

公式サイトです↓

 

www.shiseido.co.jp

 

 

 

いつかSunmedicサンメディックを使ってみたいなと思っています。

 

medical.shiseido.co.jp

 

 

 

次にアイス!

 

f:id:chezkinako:20210809040409j:plain

 

Dovgan Plombir original

 

 

 

6個入りで1.99ユーロでした。いつもrewe(ドイツのスーパー)で買っています。

森永のバニラモナカジャンボのようなもの…かな。

 

 

 

最後にMUJIの仕分けケース。

 

f:id:chezkinako:20210809041438j:plain

 

無印良品のパラグライダークロスたためる仕分けケース

 

 

 

お店に行ったらちょうど20%オフでした。やった!

Mサイズを夫が出張時に使っていて、他のサイズも欲しいなと思って5年以上経ってからやっと購入しましたよ(;'∀')

夏休みに使ったのですがやっぱりあったほうが便利だねと夫と同じ感想でした。

 

 

 

それではまた。

コートジボワール 思い出 エピソード7

こんにちは。

 

 

 

エピソード6はこちら↓

 

chezkinako.hatenablog.com

 

 

 

Cちゃんの家に遊びに行った次の日は楽しみにしていた観光です。

現地の人がどういう生活をしているか気になりますよね?

 

 

 

朝ごはんに藁ぶき屋根のほうのテラスに行ったらみんなもうバスで観光に出かけちゃった後でした。えー、聞いてない。

で、私たち夫婦と、同じく知らされてなかったフランス人女性(名前失念Fちゃんとします)の3人でホテルが手配してくれたタクシーで出かけることにしました。

 

 

 

タクシーで町まで行って、町の中に入る道路で私たちの車は警察に止められました。

警官が複数人荷物検査のようなことをしていたんです。

 

 

 

ドライバー(若い男性)、夫、Fちゃんは車から降りました。私は降りても何もできないので後部座席に乗ったままでした。

警官はドライバーと話して『彼が持っている保険はお客さんを乗せられるものではないから罰金を払いなさい』と言いました。

ドライバーが払える金額ではなく(20ユーロくらい)結局夫が払いました。

私は払った証拠をもらうように言ったのですが、そんなのあるわけないじゃん、言うだけ無駄って夫に言われました。

あの20ユーロはあの警官のポケットに入るだけだよ、と。

車に戻ってFちゃんは『なんでお客さんじゃなくて友達って言わないの!?』って抗議してました。

 

 

 

気を取り直して、観光はドライバーさんにお任せしていたのですが、最初にホテルに連れていかれました。ここは?と聞いたらこないだテロにあったところ、という回答。

み、見たくないけど…

とりあえず3人でホテルに入ったら受付の人に、こんにちは、ご用は?と当然聞かれたので何でもないですと言って出ましたw

ドライバーさんに別のところに行きましょうと言って、ミュージアムとか市場がいい、と希望を言いました。

最初から希望を言うべきでしたね。

 

 

 

ミュージアム先住民族の衣装や歴史を見られる博物館で、建物はそこに最初に建てられたフランス風の建物を使用していました。

先住民がどうやって暮らしていたか、身分によって違った衣装などを見ながら上の階に行くと当時のバスルームもありました。

広めの部屋に今と変わらないトイレとバスタブでした。

博物館は説明してくれる人が付くのでその人と一緒に回ります。

最後にある写真の前で止まって、先住民はフランス人を食べてたと話していました。

私はフランス人二人の少し後ろにいたのですが、ものすごくショックを受けている二人がかわいそうすぎて不謹慎ですがちょっと笑ってしまいました。

まぁ、あり得るでしょう、食べるくらいって私は思うのですが、想像もしなかったのかな。

最後にその話でミュージアムを出て二人とも気分が悪そうでしたよ。

ミュージアムの前には青空絵本屋さんが出ていたので、Fちゃんはそれを、私はミュージアムの横にあるお土産屋さんを見ました。

 

 

 

続く

コートジボワール 思い出 エピソード6

こんにちは。

 

 

エピソード5はこちら↓

 

chezkinako.hatenablog.com

 

 

 

次の日は車に乗せてくれたNちゃんの両親の家にみんなで遊びに行きました。

とってもすてきなおうちで、家が白と水色で洋風なのですが目の前がビーチでテラスも大きくて、二階のバルコニーから見る海もすてきでしたよ。

Nちゃんのお父さんは楽しい人で、日本にも行ったことがあるとのことでたくさんお話ししました。私は人の目を気にせず日傘をさしていたのですが、昔はフランス人も日傘をさしていた話の後に、エレガントですごくいいよ!って親切な表現をしてくださいました。

 

 

 

また次の日は初日のレストランで私の分も払ってくれたコートジボワール人のCちゃんの家にみんなで遊びに行きました。

ホテルの白いテラスからボートに乗っていきました。ヤマハのエンジンでブーンとね。

途中現地の子供が手を振ってくれて側転も見せてくれて、かわいかったなー♡

みんなでボートから拍手しました。

私が水を触ろうとしたらとってもクールな調子で『気を付けて、ワニがいるから』

(/・ω・)/

 

 

 

Cちゃんのおうちも素敵でしたー(´▽`*)

木がふんだんに使われた藁ぶき屋根のようなものもあったし、土っぽい建物もありました。

ボートで到着して、ヤシの木の森の中を通っていくと家が見えてくるんです。

これまたレストランのようなデッキの屋根付きテラスがあり、バーカウンターもあり、お昼はみんなでここでごはんを食べました。

料理する人や配膳する人はこの旅行中どこで食事してもいつも一緒だったので一括してお願いしていたんですね。

このあとは目の前の海で泳いだりゆっくりしました。

かなり遠浅でした。

 

 

 

続く